思いを次世代につなぐ

美しい雑木林と里山を復元し、次世代に残す
私たちの試みに参加しませんか !!
■お日の森フィールド

 JR高尾駅を降りてから歩いて約15分の所にお日の森があります。
ここにはまだ昔の里山の自然が残されており猿、アナグマ、タヌキ、シカそしてイノシシなどの動物が住んでいます。
 
 しかし60年間利用されずに放置され人が容易に入ることができない荒れた状態でした。
私たちが活動に入ってから涸れていた沢にも水が流れるようになりかってこの沢にいたヤゴ、サワガニ、カゲロウなどの水生生物も少しづつ戻ってきました。森の中にもはたくさんの蝶などの昆虫が飛び回るようになってきました。
 
  私たちは昔のような豊かな生物が生息できるような森への再生を目指して活動しています。
nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn


イベントのご案内


8月上旬のお日の森と駒木野の定例作業は夏休みのため実施しません。


スペシャル・コラム

★ 特別寄稿 お日の森の10年を振り返り ★

LinkIcon特別寄稿本文へ <—— クリック

お日の森くらぶの創立に加わりその後一貫してお日の森を守り会員を育ててきたくらぶ代表/五天英晴氏からその「10年間を振り返って」の文が寄せられました。お日の森の当時に状況とどのような森にしたかったかそして発展してきた現状を想いを込めて報告されています。

★ 山モンモさんからのご投稿”お日の森とわたし” ★

LinkIconご投稿本文へ <—— クリック

会員の山モンモさん(ペンネーム)からご投稿がありました。彼女はお日の森の活動に参加してから早くも5年が経ちました。くらぶでは鋭い観察力と提案力そして素早い対応で会員をリードしています。つる等の自然素材でのカゴ作りはプロ顔負けの腕前です。

★ お日の森の里山保全活動に初めて参加して ★

LinkIcon初めて参加して本文へ <—— クリック

先日のお日の森に隣接した駒木野国有林の定例整備作業に T.S. さん(豊島区在住、41歳、男性)が参加され、ご投稿を頂きました。お日の森の活動に参加してみたい方は「くらぶ」を知る上でのご参考としてください。

 

TOPIC

森林体験一般公募イベント活動報告 2016/06/11


■森の便利帳を作成しました。くらぶの技術・安全担当者が山仕事について纏めたものです。

LinkIcon山仕事について
LinkIconチェーンソーの取り扱いについて


■チェンソー講習会の記録動画■

2014年5月6日にお日の森くらぶ主催でチェーソー技術講習会が開かれました。その様子を動画にまとめてみました。
この動画は技術習得のためのものではありません。
LinkIconチェーソー講習会

※いまのところ新たな講習会の予定はありません。 


■林野庁のホームページの情報誌「林野」平成25年2月号にお日の森くらぶの活動が紹介されています。

林野庁のホームページからアクセスしご閲覧をお願いします。
LinkIcon情報誌「林野」


■森の保育園 子供たちの自然体験活動の紹介
 

お日の森で子供達の森林教室を行いました。ジャンケン体操とネイチャーゲームを行いその後森の中を散策しながら自然観察を行いました。
LinkIcon森の保育園


 伐倒時に掛かり木になってしまった

LinkIcon掛かり木の引き倒し ←ここをクリックして動画へジャンプ

コナラの伐倒時に他のコナラに複雑に絡み合って掛かり木になってしまいました。
それをチルホールを使って引き倒した時のYoutubeの動画です。

★ 2016年度お日の森くらぶ会員募集 ★
LinkIcon会員申し込みへ <—— クリック
2016年度のくらぶ会員の登録と新規募集を行っています。

【活動場所】 八王子市西浅川町156-1及び2(西浅川山林/通称“お日の森”)2.87ha JR高尾駅・京王線高尾駅 北口より徒歩約20分


【定例活動日】毎月
■お日の森:第2火曜日 & 第4日曜日 
駒木野:第2土曜日

お日の森へのアクセス
地図をクリックすると拡大表示します。